2012年11月13日

Fカーブコピーツール・バージョンアップ

バージョンアップと言うかほぼ作り直しの巻き

今回からxsiaddon形式にしました。

AniCopyPasteTool.xsiaddon
※前バージョーンをインストールしている場合は必ず削除してからインストールしてください
インストール・使用は自己責任でお願いします

全部まとめたマニュアルはこちら

前バージョンからの主な変更点は
・いくつかの不具合の修正(コレ重要)
・速くなった(コレも重要)
・レイアウトが変わった
・機能を整理したりしょーもない機能が増えたりした
ってな感じです

121105_1.jpg

121105_2.jpg

121105_3.jpg

121105_4.jpg

レイアウトの変更。ピックモードとテンプレート適用を別ページに

・アニメーションミキサーで制御されたパラメーターが混ざっていた場合正しく動作しないかったのを修正。
・処理が高速に
・大量にコピーする際メモリを大量に食うのを修正。
・コピー元とペースト先が同じ場合でもエクスプレッション適用するのを修正
・Bool型の反転に対応

・レイヤーアニメーションに「一応」対応しました
処理が重かったり、不具合があったりでアニメーションレイヤーを適用したオブジェクトへの使用やアニメーションレイヤーのコピーは推奨しません!(後述)

・このバージョンからアニメーションコピーのクリップボードを使用するので注意してください

・コマンドの引数がUnknownObjectだったのを修正

・「その他Fカーブのペースト」の名称を「変換以外のFカーブ」に変更。
・オブジェクト下のFカーブの検索対象を「全パラメーター」以外に「カスタムパラメーターのみ検索」を追加

エクスプレッション適用をチェックボックスで指定するようにしました

・ペースト方法に「Fカーブのペースト・現在の値のペースト」オプションを追加
「現在の値のペースト」はアニメーションじゃなく単純に現在値への適用のみです。

・「Fカーブ無しのパラメーターも適用する」を廃止
ピックモード時は変換のみに動作する「Fカーブが無い変換も適用する」をチェック
テンプレートモード時は「Fカーブ無しは現在の値」にチェックを入れることで同様の動作をします

・テンプレート適用に「ShiftFrameの値を使用」を追加。
チェックしておくとテンプレート適用の際、テンプレートの値を無視してShiftFrameの値でFカーブをずらします


・「ピックをテンプレート適用」を廃止。替わりにテンプレート適用に「選択のみ」を追加。
適用したいターゲットを選択して実行してください



・テンプレートをテンプレート編集タグに移動。ちょっとした機能を追加。
[S⇔T]ボタン:Self以外のソースとターゲットを入れ替える
行の選択ボタン:選択オブジェクトからソース・ターゲットに対応したテンプレートの行を選択します。反転を押すと選択行が反転します。(セルの選択は無視します)
情報ボタン:選択オブジェクトからソース・ターゲットに対応したテンプレートの行の情報をスクリプトログに表示する
テンプレートの手動編集を許可:うっかりテンプレートの内容を編集する事故がよくあったので、これにチェックを入れないと手動でテキスト編集できないようにしました


その他オプション
・Fカーブの有無も入れ替え
前バージョンはソース、ターゲット片方にしかアニメーションが入ってなかった場合に入れ替えを行うと、アニメーション無しの方に有りの方のアニメーションが適用されるのみでしたが
今バージョンからはアニメーションの有無の情報も入れ替えれるようになりました。
チェックを入れておくとアニメーション有りのパラメーターAと無しのBで入れ替え処理を行った場合、Aのアニメーションが削除されBの数値が、BにAのアニメーションがコピーされることになります
121105_6.jpg
コレに入れ替えを適用すると

121105_7.jpg
こうなる

121105_8.jpg
[Fカーブの有無も入れ替え]チェックを外すとこうなる


・全キーフレームのロックを解除
コピーしたキーフレームに、値のロック、時間のロック、スロープの向き、スロープの長さ等、キーフレーム編集に何らかの制限がかかっていた場合
キーフレームに反転、シフトが正しく適用されません。
このオプションをONにするとコピーしたFカーブの全キーフレームをチェックしてこれらのロックを解除します。
キーフレームが大量にある場合(プロットしたアニメーション等)チェックの処理にちょっと時間がかかるので、キーフレームのロックを使用していない場合はチェックをはずしておくことをお勧めします

・アニメーションレイヤー
アニメーションレイヤーのコピーにチェックを入れるとレイヤーアニメーションもコピーされます。
反転の適用、シフトの適用のチェックを入れるとそれぞれの処理がレイヤーアニメーションにも適用されます
アニメーションレイヤーを適用したオブジェクトへの使用やアニメーションレイヤーのコピーは推奨しません

※レイヤーアニメーションのコピーについて
アニメーションレイヤーに対してFカーブを追加・削除する際、若干時間がかかるらしく、
Fカーブ100本全てにレイヤーアニメーションが入ってるなんてことになるとものすごく時間がかかります。テンプレートモードでの使用時は注意してください
こちらの環境で100本のレイヤーアニメーションのコピーに50秒ほど。入れ替えはその3倍の時間がかかります(レイヤーを重ねると更に時間がかかります)
また、レイヤーを含むアニメーションをエクスプレッション適用した場合、シーンのロード後は正しく動作しません(レイヤー成分が無視される)シーンのロード後にコピーしなおせば正しく動作します。(SoftImage2012で確認)

ほぼ全体が書き直しに近いので中身はほとんど別物です。
やばいバグ等あったらコメント欄にて報告お願いします・・・
posted by ちょちょ at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。