2012年11月13日

Fカーブコピーツール2

使用動画取り直そうと思ったけど面倒なので前ので良いやの巻き

あれのリニューアルです
中身を大幅に書き換えたというかほぼ作り直しです。不具合あったら教えてください。


今回からxsiaddon形式にしました。
AniCopyPasteTool.xsiaddon
※前バージョーンをインストールしている場合は必ず削除してからインストールしてください
インストール・使用は自己責任でお願いします
(11/29バージョン2.1に更新)


前バージョンからの修正・変更点のみまとめた記事はこちら


=================使用方法==================
MCPのアニメーションの所に追加されます
実行するとこんなプロパティが出てきます
121105_1.jpg
ピック:ピックによるアニメーションコピー。テンプレート登録もこのモードで行います

121105_2.jpg
テンプレート:ピックモードで登録したテンプレートに沿ってアニメーションのコピーを行います

121105_3.jpg
テンプレート編集:テンプレートの確認・読み込み・書き出しとちょっとした編集が出来ます

121105_4.jpg
その他:その他オプションです。必要なら設定してください



ピックモード
オブジェクトをピックしてアニメーションのコピー・ペーストをします。同時にテンプレートモードで使用するテンプレートを作成します
121105_1.jpg
下の入力プロパティに沿ってアニメーションをコピー・ペーストします
[コピー]
ボタンを押すとピックセッションが開始します
左クリックでアニメーションのコピー、中クリックでペーストを行います
このとき、[テンプレートに記録する]にチェックを入れておくとコピーした内容がテンプレートに記録され、テンプレートモードで一括実行することが出来ます。
右クリックで終了します

[入れ替え]
コピー元とペースト先のアニメーションを入れ替えます
反転(-1)の指定をしたところは反転して入れ替えます
SiftFrameの値は無視されます
この操作ではテンプレートに記録されません

[PasteMode]
Fカーブのペースト
  Fカーブの入っている変換・パラメーターを検索してペースト先にアニメーションを貼り付けます

現在値のペースト
  Fカーブの入っている変換・パラメーターを検索してペースト先に現在値を貼り付けます

[エクスプレッション]
チェックが入っているとアニメーションをペーストする代わりにエクスプレッションを適用します
コピー元の変更がペーストし直さなくてもペースト先に反映されるので制作中のプレビューなんかにどうぞ

入力プロパティ
SiftFrame:Fカーブをコピペする際にキーフレームをずらします。歩行アニメなんかに

変換
[Fカーブが無い変換も適用する]
通常はFカーブの入っている変換しかコピーしませんが、これにチェックを入れるとFカーブの無い変換も下のオプションで1、−1と設定されていれば適用、テンプレートに記録されます。

左がX軸、中央がY軸、右がZ軸設定のスライダーです
0:ペーストしません
1:ペーストします
-1:Fカーブに-1を掛けてペーストします(反転)

180加算:回転をペーストする際180を加算します。必要なら。

変換以外のFカーブ
変換以外のFカーブをコピーしたいときに設定します
全てのパラメーター:オブジェクト下の全てのパラメーターのFカーブを検索します
カスタムパラメーターセットのみ;オブジェクト下のカスタムパラメーターセットに追加したFカーブのみ検索します
検索しない:変換以外のFカーブは検索しません

変換以外のFカーブを設定するとピックモードでコピー(左クリックでピック)した際
↓のようなプロパティが開くことがあります
121105_5.jpg
これはローカル変換以外のFカーブ(カスタムプロパティとか)のペーストオプションです。必要に応じて設定してください
※ペースト先に同名のプロパティ・パラメーターが無い場合はエラーメッセージを返します


こんな感じ



テンプレートモード
ピックモードで登録しておいたテンプレートに沿ってアニメーションのコピー・入れ替えの適用が出来ます
121105_2.jpg
[テンプレートからコピー]
テンプレートの内容に沿ってコピペします
ただし、Sourceが[Self]となっているところは無視します

[テンプレートから入れ替え]
テンプレートの内容に沿って入れ替えます
ただし[Frame]の値は無視します

[選択のみ]
チェックを入れておくと選択されたターゲットのみに対してコピー・入れ替え処理が行われます

[SiftFrameの値を使用]
テンプレートには登録した際に使用したShiftFrameの値が記録されていますが、これを無視して下のShiftFrameスライダの値を参照します

[PasteMode]
基本的にピックモードの物と同じです
[Fカーブ無しは現在の値]にチェックを入れておくとFカーブコピーの際、コピー元のパラメーターにFカーブが無い場合、現在値を適用します

左右対称のリグの場合、対応するパラメーター&COG等の正中線のオブジェクトの反転コピーを全て登録しておくと、こんな芸当も可能です。たぶん。




テンプレート編集
テンプレートに登録した情報を書き出したり、読み込んだり、編集したり出来ます
※テンプレート内容の変更・削除等の編集はアンドゥ・リドゥが利かないので注意してください。
テンプレート完成後に[書き出し]でバックアップを取っておくことをお勧めします

121105_3.jpg
・テンプレート
[テンプレートの手動編集を許可]
これにチェックを入れないと直接セルに文字列を入れての編集は出来ません

Source:コピー元のパラメーター
Target:コピー先のパラメーター
Invert:Trueになってると反転コピー
Offset:ペーストした後のFカーブに追加される値
Frame:SiftFrameの値です

Sourceが「Self」になっている所は自身にペーストです

[書き出し]テンプレートの内容をテキストプロパティに書き出します
[読み込み]ピックセッションでテキストプロパティをピックするとテンプレートに読み込みます
[S⇔T]ソースとターゲットを入れ替えます

・行の選択
[選択ソースから] [選択ターゲットから]
選択オブジェクトからソース・ターゲットに対応したテンプレートの行を選択します。Ctrlを押しながら実行すると任意の列のみを選択できます

[反転]
現在選択している行を反転します(セルの選択は無視します)

・情報
[選択ソースの情報] [選択ターゲットの情報]
選択オブジェクトからソース・ターゲットに対応したテンプレートの行の情報をスクリプトログに表示します


ピックモードでテンプレートを記録する際、Targetにすでに登録済みのパラメーターがある場合は新しい値で上書きされます

ピックモードからでテンプレートに追加できますが、テンプレートに追加だけしたい時は、コピペした後にアンドゥで戻るとテンプレートだけ残ります



その他
その他オプションです
121105_4.jpg
[Fカーブの有無も入れ替え]
ソース、ターゲット片方にしかアニメーションが入ってなかった場合に入れ替えを行うと、アニメーション無しの方に有りの方のアニメーションが適用されるのみですが
これにチェックを入れておくとアニメーション有りのパラメーターAと無しのBで入れ替え処理を行った場合、Aのアニメーションが削除されBの数値が、BにAのアニメーションがコピーされることになります

[全キーフレームのロックを解除]
コピーしたキーフレームに、値のロック、時間のロック、スロープの向き、スロープの長さ等、キーフレーム編集に何らかの制限がかかっていた場合、キーフレームに反転・シフトが正しく適用されません
このオプションをONにするとコピーしたFカーブの全キーフレームをチェックしてこれらのロックを解除します
キーフレームが大量にある場合(プロットしたアニメーション等)チェックの処理にちょっと時間がかかるので、キーフレームのロックを使用していない場合はチェックをはずしておくことをお勧めします

[アニメーションレイヤー]
アニメーションレイヤーのコピーにチェックを入れるとレイヤーアニメーションもコピーされます
反転の適用、シフトの適用のチェックを入れるとそれぞれの処理がレイヤーアニメーションにも適用されます
アニメーションレイヤーを適用したオブジェクトへの使用やアニメーションレイヤーのコピーは推奨しません

[バージョン]
AniCopyPasteToolの現在のバージョン番号です。変更しないでください


※レイヤーアニメーションのコピーについて
アニメーションレイヤーに対してFカーブを追加・削除する際、若干時間がかかるらしく、
Fカーブ100本全てにレイヤーアニメーションが入ってるなんてことになるとものすごく時間がかかります。テンプレートモードでの使用時は注意してください
こちらの環境で100本のレイヤーアニメーションのコピーに50秒ほど。入れ替えはその3倍の時間がかかります(レイヤーを重ねると更に時間がかかります)
また、レイヤーを含むアニメーションをエクスプレッション適用した場合、シーンのロード後は正しく動作しません(レイヤー成分が無視される)シーンのロード後にコピーしなおせば正しく動作します。(SoftImage2012で確認)


ボヤキ
物事を簡潔にまとめられる能力がほしい・・・
ちょっとバージョンアップするつもりがほとんど書き直した・・・おかげで中身は前バージョンとほとんど別物
慎重に動作確認を重ねたけどやばいバグがあったら報告お願いします
軽い気持ちでアニメーションレイヤーに対応するつもりがこいつが曲者だった・・・挙句の果てに使用は非推奨と来たもんだ
posted by ちょちょ at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。